カテゴリー : ショートショート

わがまま日和

「これ、好きじゃないって言ったよね」
わたしは目の前にある皿を乱暴にひっくり返した。
がしゃんと派手な音を立てて、料理たちが床に飛び散る。
突然の音に彼は驚いたようだ。一瞬眉をしかめ、それからおどおどとわたしの様子をうかがっている。こういうところも好きになれない。
「なに、その顔? 何か言いたいことでもあるわけ?」
挑戦的な言葉をなげつけると、顔をしかめながら彼は頭を掻いた。
それから黙って、床に転がっている料理を片付けだす。
その表情には困惑と悲哀が浮かんでいる。
といってもそんなもの知ったことじゃないけど。
「早く代わりのもの持ってきて」
料理を片付け終わった彼は軽くため息をつき、台所に消えていった。
そもそもなぜわたしがこんな男のところに来なければならなかったのか。
こんな面白くもなんともないような男のところに。
窓から外の景色を眺めながら、そんなことを考える。
明るい日が差し込んでいる窓から、小さい家々が見ることができた。
ここは一〇階。
飛び降りて逃げられる高さではない。
それがまたわたしの心をイライラさせ、虚脱させた。
彼が戻ってくる。
わたしの様子をうかがうように、慎重に代わりの皿を置く。
怒る気力もなくなり大人しくそれに口をつける。
味は可もなく不可もなく。
「なあ、機嫌直してくれよ。もう少しの辛抱だから」
彼がわたしに向かって言葉をよこすが、それには答えず食事を続ける。
彼は尚も言葉を続ける。
「ぼくだって君に喜んでもらえるように努力してるんだ。もちろん至らない部分はあるだろうけど、少しはその努力を認めてくれてもいいじゃないか」
愚痴はお断り。
わたしはぷいと顔をそらし、その場を離れた。
彼は露骨にため息をつき、また頭を掻いた。
それを無視し、窓際からぼんやりと外の景色を眺める。
今日は天気がいい。
暖かい日が身体に当たり、気持ちがいい。
思わずうとうとと眠りそうになる。
ピンポーン。
来客を知らせるチャイムが鳴り、思わず腰が浮く。
彼は小走りで玄関に向かった。
わたしはその後ろ姿を見送る。
挨拶を交わす声が聞こえ、すぐに見慣れた顔が部屋に入ってきた。
「ひさしぶりー」
なれなれしい声がわたしに向けられる。
彼女はいつでもこういう態度だ。
もうとっくに慣れてしまったが、あまりべたべたされるのは好きではない。
「どう? 元気だった?」
にこにこしながらゆっくり近寄ってくる彼女に、なすがままに身をあずける。
「この子、わがままだから大変だったでしょ?」
振り返りながら彼女が彼に言う。
「ううん。全然」
この嘘つき。
わたしはキッと彼のことをにらんだ。
「え、本当? めずらしい。もしかして君のことを気に入ったのかな?」
「それはうれしいね」
「なら、また連れてこよっか」
「え? いや、いいよ。ここまで連れてくるの大変でしょ? 彼女も疲れるだろうし」
「そうでもないと思うけど」
「あ、うん。それに彼女、高いところ苦手かもしれないし」
「えー。そんなことないわ。よく木に登ったりしてるもの」
「え? うん、まあとにかく。今日はゆっくり一緒に過ごしてあげて」
「そうね。久しぶりだし」
彼女はわたしを抱き上げた。
「じゃそろそろ行くね。あずかってくれて本当にありがとう。助かったよ」
「いえいえそんな。お役に立てて光栄です」
「はは。今度食事おごるね」
「うん。期待してるよ」
彼女はわたしをケースの中につめた。
この中は狭いから好きじゃない。
思わず「ニャア」と声が漏れた。


いま、この人に聞きたい

なんであんなことができたかって?
そりゃ、おれさまが偉大だからだろ。
ああ、そう言ってしまっちゃ話は終わっちまうか。ははは。
んー、そうだな……。
正直、生まれたときから、おれは他のやつらとは違うんだって思ってた。
特別な存在、いわゆるオンリーワンってやつ? まさにそれだと。
他の一般ピープルとは違うんだ。それは小さいときから思ってたな。
いつかでかいことをやって、有名になって、人々はおれのことを語り継ぐんだ、なんてことを根拠もなく思ってたもんだぜ。これで何も果たさなかったら、ただの勘違い野郎だな。
まあ、今となってはそれは現実のものとなったわけだけどさ。
家族について?
ああ。実はおれ、両親に捨てられたんだ。
もちろん記憶に残ってるわけではないんだけどな。
幼心ながら、どうしておれにはお父さんとお母さんがいないんだろう、なんてよく思ったもんさ。
でも、そんなこと言ったら、ばあさんたち悲しむだろ? だからそれは絶対言わなかった。
ばあさんたちには本当感謝してる。
ばあさんの助けがなかったら、正直、おれは成功できなかった。
あ、意外?
なんだよ、意外って。おれだって感謝くらいするぜ。
そんなの常識だろ?
え、ああ、うん。分かればいいんだけどさ。そんな謝んなくてもいいよ。
うんうん。ああ、仲間について?
あいつらも本当よくやってくれた。
つうか、なんでおれなんかのために、あんなに協力してくれたんだろうな。
それは不思議に思ってた。
え? あいつらにも話聞いたの? なんて言ってた?
うん。あー、それは確かにな。
あいつらもちょっと世間からは浮いてたみたいだし。あのー、アウトローってやつ?
でも、世間からどう見られてるとか、地位とか金とか、そんなんじゃないだろ、仲間って?
目を見りゃいっぱつで、そいつがどんなやつかなんて分かるもんさ。
おれはあいつらを見たときはビビッときたね。
こいつらとなら、やれる。
そう思った。
やつらもおれを見て何かを感じたからついてきてくれたんだと思うよ。
そしてその結果、大成功したわけだしな。
おれの見る目は間違ってなかったねぇ。
え? ああ。マジで? そんなこと言ってたんだ?
なんでまた?
うん。あー、なるほどね。おれをサポートしただけだから、自分たちは有名にならなくてもいい?
かー、あいつららしい意見だぜ。だから名前はふせてくれってか。そういうとこもまたいいじゃないの。サイコーだぜ、やつら。
最後にみなさんに一言?
そうだな。人間誰しもやりゃできるもんだ。
生まれだとか才能だとか、そんなもんは関係ねえ。
やるかやらないか、ただそれだけだ。
お前らもおれと同じくらいビッグになれ!
……って、こんな感じかな。
ああ。
いや、うん。わざわざ今日はありがとう。
じゃ、これで。

以上、今回のインタビューは、鬼退治という偉業を果たした桃太郎さんでした。
では、また来週。


雨の下、見上げる瞳

やはり戻ろうか。
降り止まない雨の下、ぼくの足はゆっくりと止まった。
容赦の無い雨粒が、バチバチと傘をうちつける。その連続した音たちが、ぼくを引きとめようとしているようだ。
すでに、あそこを通り過ぎてしまってから、もう10分は経っている。
振り返ったところで、もう何も見えない。
戻ったところでどうしようというのだ。
ウチには母親の厳しい警戒網が待っている。いくら隠そうとしたところで、見つかるのは時間の問題だ。今まで隠してきた宝物たちも根こそぎ発見され、没収されてしまった。
そして、見つかる度にこれでもかというくらい怒鳴られた。
あんな思いはもう御免だ。
けど……。
頭にさっきの光景が浮かぶ。
びしょびしょに濡れながらも、こちらを見上げている眼差し。無言ながら、相当な説得力のある瞳だった。
もしかすると、もう他の誰かに拾われてしまったかもしれない。
そんな思いが浮かぶ。
複雑な気持ちだ。
そうなって欲しい気もするし、それはそれで残念な気もする。
こういうのって二律背反っていうんだっけ?
ごちゃごちゃ考えていても仕方がない。
ぼくは意を決し、今来た道を戻り始めた。
雨は一向に止む気配が無く、むしろ強まっているような感じさえある。
傘が届かない範囲にある靴やズボンは、もうほとんどずぶ濡れだった。
だんだん歩調が早まる。
共に鼓動も高まる。
なんでこんなことをしているんだろう。
行こうとする気持ちと、やめようとする気持ちが、天使と悪魔のように頭上でケンカしている。
ぼくはどっちに勝って欲しいんだろう。
そんなことを考えながらも、足は止まらない。
ただただ前へ。
身体は理性を無視して、その進路をひた進む。
あそこを曲がればもうすぐだ。
あ。
思わず駆け寄る。
水溜りが、あざわらうかのようにびしゃびしゃと鳴る。
「ない」
辺りを見回してみても、どこにもさっきの姿はなかった。
拾われてしまったのか。
がっかりしたような、ほっとしたような感情が湧きあがり、ぼくは大きくため息をついた。
「これでよかったのかな」
頭をぽりぽりとかいて、少し呆然と立ち尽くす。
防衛機制が「持って帰らなくてよかったんだ」と熱心にぼくを説得する。
その説得にしぶしぶ応じ、ぼくはまた帰途についた。
けれども、どうしてこうも心を惹かれてしまうものなのだろうか。
そして、どうしてあんなものがあそこに捨てられているのだろうか。
あんな本、捨てられたら気になるじゃないか。
こっちはそういうお年頃なんだから。


残酷な面影

あいつが逝ってしまってから、何日経っただろう。
とろくて、あまりおつむのいいヤツではなかったが、一緒にいるのは結構楽しかった。
ケンカばかりの日々だったが、「ケンカするほど仲がいい」という言葉もある。きっといい関係だったのだろう。
街中を歩いていると、ときどきハッとすることがある。
あいつに似ているヤツとすれ違ったときだ。
おれがあまりに露骨に驚くもんだから、変な顔で見られることもしばしば。
それはまだマシな方で、血相変えて追っかけてくるやつもいた。
なんとかそいつを振り切ってから、しばらくし、再び「ヤツはもうこの世にいないんだ」ということを痛感するのだった。
ある日、おれはヤツと瓜二つとも思えるようなそっくりなヤツに、ばったりと出会った。
思わず声をかけてしまい、彼は不思議そうな表情を浮かべた。
事情を話すと、彼は深く共感してくれ、涙まで流してくれた。
それを見て、おれも泣いた。
よかったら遊びに来ないかと言われ、ためらいなくその提案にのってしまう。
いつもならこんなことは絶対ないのだが、そのときはどうかしていたのかもしれない。
おれは油断していた。
そいつのたくらみに気づくまで、そう時間はかからなかった。
だが、気づいたときにはもう遅い。
やつは強力な力でおれを取り押さえ、舌なめずりしながら、こう言った。
「いただきます」と。
そして、おれはタベラレタ。
あっけない幕切れだ。
薄れゆく意識の中で、おれはこいつと同じ青い毛並みのトムのことを思い出していた。


中国四千年の味

「さすが中国は歴史が深いよねえ」
「まあ、確かに」
「ぼくらが知らないようなものもたくさん食べてるようだし」
「ああ。中国人ほどいろいろな食材を食べる人種はいないかもな」
「やっぱりね。 それにしてもメロってなんなんだろ」
「メロ?」
「うん。スーパーで売ってたんだ」
「そんな奇怪なものがスーパーで売ってるか?」
「ほら」
「なんだ。買ってきたのか。どれどれ……って、おまえねえ」
「え? なに?」
「これはメロ醤じゃなくて、XO(エックスオー)醤だ」