カテゴリー : 大人

キモノ、キツケ、ナラウ

着物の着付けを習おう。
着こなせたら格好いいかな、というくらいの理由だった。
ちょうど近くのカルチャーセンターで男性きもの着装という講座が開かれることもあり、参加してみることにした。
まず着物を手に入れなければならない。
ネットでいろいろ調べてみると、一式がセットになったものがいろいろと出ていることが分かる。
とりあえず、さほど高くないものを注文。
着物、帯、襦袢などは当然のこと、足袋、雪駄、巾着などなど十分すぎるほどの量が送られてくる。
これで準備は万全。
講座は第4土曜の午前だ。
初日。
指定されたものをバッグに詰めて、講座が行われる和室に向かう。
10分ほど前に来たが、まだ誰も来ていない。
どのくらいの人が来るんだろ。
少し経ち、着物の女性が入ってきた。おばさんというか、おばあさんというか、髪を上にまとめ、颯爽とした出で立ちだ。
「○○さんですね」と名前を呼ばれたので、「はい」と答える。
あれ? なんで自分だとわかるんだ。
もちろん名簿はあるんだろうけど、顔写真がついているわけでもないだろうし。
「今回の講座は○○さんだけです」
と笑顔で先生はおっしゃった。
え?
まじで??
半年くらいあるんだけど。
「初回から何なんですが、今日はこれから用事があるので、早めに切り上げさせてもらいます。とりあえず使うものの確認をしましょう」
言われるままに持ってきたものを広げる。
先生は着物の着付けだけでなく、礼法も専門になさっているそうで、おじぎの仕方なども教えていただく。
本来は2時間の講座なのだが、ひとりしかいないということで、1時間半に縮小されることになった。
というわけで、マンツーマンでの着付け講座が行われることになったのだった。
ぜいたくといえば、ぜいたくなことなのだが、はっきりいってなかなかやりづらい。
常に見られているという緊張感がある。
先生は厳しいという感じでもないのだが、それでもちょっと威圧感がある。それがますます緊張を誘い、一度失敗すると連鎖するように小さいパニックが襲ってくる。
その効果もあってか、講座が終わる頃にはちゃんとひとりで着られるようになった。
そんな思いをしてわざわざ着られるようになった着物だが、3年くらい経った現在、まだ着たことはない。


ブラックアウトサマー

昨今、身体のことを考えて、以前よりも酒の量を減らしている。
数年前は自宅で毎日のように飲んでいたが、最近は週の半分以上は飲まないようにしている。
そういうこともあって、もしかすると以前より酒に弱くなっていたのかもしれない。
さかのぼること約半年。
仕事終わりのわたしのもとに、突然旧友が現れ、そのまま飲みにいくことになった。その日、午前と夕方に仕事をしており、体調も万全とはいえない状態だったが、久しぶりということもあり、ちょっと遠くまで出ることにした。
まず1軒目は何度か行ったことのある居酒屋へ。今夜は大いに飲もうということで飲み放題にする。
昔話に花が咲き、さらに近況などの話もする。彼とは共通する話題も多く、かつ彼としかできないような話も少なくない。
そんなわけで大いに盛り上がった我々は2軒目へ。そこでふと思いついて、近くに住んでいる知人にメールをし、彼も呼ぶことにした。彼はまだバイトがあるということで、それが終わったら駆けつけるとのことだった。
この辺から俄然酔いが回ってきた。
仕事の疲れ、久しぶりの大量のアルコールということもあり、徐々に記憶も怪しくなってくる。
そしてもうこの辺から記憶は断片的になる。
さっきメールした相手がやってきたときには、我々はべろんべろんで、まさに酔っ払いといった様態だったらしい。実際、わたしに彼と会った記憶はない。
そこでもうひとりが入り口付近で吐いたり、わたしが急にいなくなったりで、彼はただ迷惑をかけられるために来た感じになった。
目覚めると、わたしは駐車場にある自分の車の後ろに寝ていた。後部座席ではなく、まさに地面の上である。推測するに吐くために外に出て、そのままそこで寝てしまったようだ。
もうひとりの彼は車の中で、赤いカラーコーンを抱きながら眠っている。
……いったいなにがあった?
とりあえず身の回りのものを確認してみると、財布、携帯などはあるのだが、手帳代わりにしていたメモ帳がなくなっていた。もちろん身に覚えはない。
さすがにこんな状態で帰れるわけもなく、しばらく仮眠をとることにするのだが、吐き気が際限なく襲いかかってくる。水を飲んでも、そのまま全部吐き出してしまう始末だ。
二度と飲むまいと思いながら、便器に顔を突っ込む。もはや胃液しかでない。だが吐き気は収まらない。これほど苦しいのは初めてだった。
ちなみにメールで呼び出した彼には後日、酒をおごった。
誠に申し訳ございませんでした。


ソーオンの人

軽く酒を飲み、夜はネットカフェで過ごすことにした。
いつも利用するところがあるのだが、たまには違うところにしようと思い、行ったことがないところへ。19時から7時までの12時間パックを利用することにした。
リクライニングベッドタイプの個室で、PCとテレビもあり、簡易式の金庫までついている。ただなぜか自分のところは壊れて使えなかった。
連日暑い夜が続いていたが、ここは少し肌寒いくらいだった。カウンターに行ってブランケットを借りてくる。
とりあえずたまりにたまっている未読の新刊を読もうと、漫画を何冊か持ってきて、読み始める。
ガサガサ。
ビニールぶくろを開く音が。
ちなみに、この店は持ち込みもOKなので、それ自体は問題ない。
ガサガサ。
ガサガサ。
え? そんなに開けるものあるか?
そのガサガサは数時間ほぼ途切れることなく鳴り続けた。フードファイターでも滞在しているのだろうか。
夜中になり、ほとんど話し声もなくなる中、かすれるような女性の声が聞こえる。音量はそこそこあるのだが、何を言っているかまったく分からない。ペアシートに女性ふたりでいるようで、もう片方の声ははっきり聞こえる。年齢差から考えて、親子だろうか。
かすれ声の女性(老婆?)はやたらと痰がからむらしく、「うあ、げはっ、うー、かっ」と、ちょっとしたモンスターのようである。頭の中で、幼い少女とあまり言葉の通じないトロル的な生物の組み合わせが思い浮かぶ。
彼女は本当に苦しそうで、まともに息もできてないような感じなのだが、その割にやたらと話し続けており、1時を回っても、その話声はおさまらなかった。そして思い出したかのように鳴るガサガサ。さらには歩くとき、やたらとキュッキュッと音が鳴る。これほどまでに、ひとりで騒音を出すのは日本のネカフェ界の中でもそうそういないのではないか。
あまりにもうるさいので「うるせ」と小声で何度かつぶやいたそれに比べたら別の個室から聞こえるおっさんのいびきなどかわいいものである。
丑三つ時を回るとようやく音もやんできた。これでようやく眠れるかと思ったら、5時過ぎには再開。
あまりにも苦しそうなので店員に言った方がいいのではないかと考えるが、もう片方は普通に接しているので、珍しいことでもないのだろう。
結局、こりゃもうたまらんということで、7時前に店を出た。
あんなに苦しそうなら、ふたりでビジネスホテルにでも泊まればいいのに。


福コン

「福コンに行こう」とOからメールがくる。
福コン?
調べてみると、男女1000対1000の壮大な規模の合コンらしい。
震災以来、外で飲むこともなくなったので、いい気晴らしになるかと思って行くことにする。
考えてみると、新幹線に乗るのも久しぶりだ。記憶をたどってみると、どうも2006年以来のようだ。5年ぶりになるのか。
福島駅に到着し、温度計を見ると37
かなり暑い。時間は17時少し前である。
福コンでは3枚つづりのチケットが渡される。最初の1軒目は指定されているのだが、次からは参加40店舗の中から自由に選んでよい。ちなみに料金は前売りだと男性6500円、女性3500円である。
3軒で飲み食いできると考えれば、なかなかリーズナブルである。
1軒目は大きめの店で120人超の客がいた。
基本的に1軒での滞在は1時間以内となっている。福コンの開催時間は17時から21時なので、移動時間も考慮すると、そのくらいがちょうどいい時間となる。
50分くらい滞在したところで、次の店に行くことに。
今度はOの知っている人の店だった。
まだ前の人たちが残っていて、しばらくカウンターで待つことに。さっきの店に比べると、規模も小さく、20席くらいである。
カウンターで待っていると、徐々に人が増えてはくるのだが、なぜか男ばかりである。
やがて前の人たちが移動し、席に通される。だが、各テーブルに男だけが座っているという、ちょっと滑稽な状況に。
さすがにとうとう女性がやってくる。
この調子だと男性率が高いのは間違いなさそうなので、店員がテーブルをくっつけて、なんとか男だけというさびしい状況を回避してくれた。といっても、自分たちのところは男7、女2だった。
というわけで、そこそこにその店を切り上げつつ、3軒目へ向かう。
ここで困ったことに。
どこへ行っても席がないのだ。
一斉に時間が切り替わるわけではないので、どうしても滞在時間にずれが生じ、まだ前の人が残っているというケースがほとんどで、行けども行けども店に入れない。
できれば飲み放題の店がいいなといっていたが、最終的には入れればいいやということで、3杯制限の店に入った。
Oと2人で空いているテーブルについたので、こりゃいつもの飲みと変わらないかなと思っていると、ちょうどいいタイミングで女性が2人きて、2対2になった。というわけで、本来の趣旨通りの展開となる。
まぁ特になにもなかったが。
それでもなかなか新鮮な体験であった。


100日が過ぎて

万物は流転するものであり、同じ姿であり続けるものはない。
すべてのものがそうなのだから、一店舗がなくなったりするのは、当然のことである。
先の震災の影響で、よく行っていたゲーセンが閉店した。
「踊るサッカーボール」「負けられない戦い」の舞台となったゲーセンである。
わたしが住んでいる地域は、ゲーセンらしいゲーセンがほとんどないので、これはかなり痛い。今後はそれなりの設備があるゲーセンに行こうと思ったら、車で一時間はかかる。
自分がやりたいゲームがあると、休日通いつめるということが何度かあった。そのため、普段絶対出会えないような人たちとも出会うことができた。
さらに近隣に2軒あったネットカフェも、どちらも閉店するようだ。片方に至ってはもう建物が崩されていた。
これもまた痛手である。
もちろん漫画は、月に何冊か新刊を買っている。だが、割合でいうとネカフェで読んでいる方が多い。その方が気軽に読めるし、途中まで読んでみて合わないと思ったら読まなければよい。本当に面白ければ一度読んでから購入するという試し読みの意味もある。
本来の意味とは異なり、仮眠やゲームをするための場所としても非常に貴重であった。
酒を飲みに行った場合、そこで仮眠することがよくあった。
3人以上で行くと、フローリングタイプの部屋を借りることができ、そこで普通に横になって寝ていた。その間、眠くない人は漫画を読んだり、ネットをしたりもでき、めいめいが好きなことをして過ごすことができた。テーブルがあるので、趣味のひとつであるボードゲームができるというのも、大きな魅力であった。
このボードゲームに関しても大きな変化があった。
毎週のように集まって、みんなでボードゲームをしていた場所が、今は避難所となっている。そのため、もちろん我々が利用することができなくなってしまった。
これもまた大きな痛手である。
そこで遊んでいると、通りかかった人もどんどん混ざり、多いときは10人以上もの人々がそこに集まっていた。
それもまた、そこでしか得ることができない出会いであり、非常に価値があるものだった。
ただこちらは建物がなくなったわけではないので、いずれはまた利用することができるだろう。
細かいことを言えば変化したことはもっともっとある。
だが、それはもう元に戻すことはできない。
価値というものは失って初めてわかる。
というのはよく言われることだが、本当にその通りであった。