カテゴリー : サンマイザンマイ

本当にそれ当たってますか

「あるあるネタ」というものがある。
「A型あるある」「長男あるある」などなどさまざまな「あるある」が日本にはあふれている。
そこには「A型の人は、これこれこういうことがあります」と類型化された情報が書いてある。
この情報は、読んだところで「へー」となるくらいのもので別段役には立たない。特に有益であるとか、知っていれば得をするということもないだろう。
ではなぜこんなに多くの日本人は「あるあるネタ」が大好きなのか。
これは実に日本人的な理由で、自分もそのタイプの一員であるということを確認したいためではないだろうか。
それを読むことで、「ああ、自分もこれと同じだ。仲間がいっぱいいる」と安心するのだろう。
また自分のことを知って欲しいという欲求が満たされるというのも理由のひとつなのかもしれない。
「ああ、これも当たってる」ということが、いくつも重なれば、自然と自分のことが理解されたような気がしてくるだろう。人に自分のことを理解していもらうというのは、多くの人が欲求としてもっているものだ。
しかし、少し冷静に考えれば分かる通り、あんな類型化はほとんど根拠がない。何となくそんな感じ、程度の理由だろう。
では、なぜあそこまで当たっていると感じるのか。
「バーナム効果」というものがある。
誰にでも当てはまるような内容が書いてある紙を対象に配り「これは○○による診断結果ですよ」などと言うと、ほとんどの人がよく当てはまると答え、「これは一般の人に当てはまることですよ」と言うと、ほとんどの人があまり当てはまるとは答えなかったという。
同じ内容を渡しているのにこんなにもリアクションが違うわけである。いかに人間が付加価値によって左右されているかがわかる。
また「ピグマリオン効果」というのもある。
こちらは、小さい頃から「あなたは~だから、~という性格のはず」と刷り込まれていると、だんだんとそのように振る舞うことになるというものだ。
日本では血液型占いはかなり一般的で、否定しようものならば、ムキになって反論されることもあるほどポピュラーなものである。そんな社会下で「A型は几帳面だ」などという刷り込みを頻繁にされているれば、当然影響を受ける人も出てくるだろう。
それが結果的に「血液型占いは当たる」という結論をねつ造している可能性も否定できない。
そう考えると「お前A型のくせに几帳面じゃないなんて変わってるな」という発言は何とも空虚で恐ろしいものではないだろうか。


今日も明日もヘルメット

あるあるネタでもよく話題になることだが、多くの田舎の中学校では、自転車に乗る際にヘルメットの着用が義務づけられている。
これは登下校に限ったことではなく、私用で乗る際にも適用される。もしノーヘルが発見された場合、同じ学校の生徒、または近隣の大人たちにより、すみやかに学校に密告され、後日それ相応の処罰を受ける。(しばらく自転車通学禁止など)
だが、このシステムいろいろと思うところがある。
そもそもヘルメットの意義を考えた場合、安全の確保が第一である。
人間にとって、頭部は非常に大事な部位だ。よって、危険な場所、例えば工事現場や戦場などで頭部を守るためにヘルメットを着用する。
自転車に乗る際の危険性を考えれば、車の交通量が多い方が、より危険性が高い。
そう考えると、明らかに都会の方が危険である。
田舎だと、道によっては車が1日に数台しか通らないようなところだってめずらしくはない。学校に行き来する際にほとんど車とすれ違わないことさえもあるだろう。
安全性を考慮した場合、より危険性が高い都会でこそヘルメットの着用を義務づけるべきなのだが、そのような中学校が都心部にあるというのは寡聞にして知らない。
だからこそ田舎を揶揄する言葉として、登下校の際のヘルメット着用がネタにされるのだろう。
さらに謎なのは、徒歩なのにヘルメットを着用して通う小学生である。
百歩ゆずって、自転車だと自分で転倒して頭部をうつ危険性もあるからヘルメットをかぶる、という考えもあるかもしれない。
しかし、歩いていて、転倒して、頭部をうって大きな怪我をする可能性はかなり低いといえよう。
もし、この可能性が高いとするならば全国的に小学生の登下校にヘルメットの着用を義務づけるべきである。
新1年生が黄色い帽子をかぶっているが、あれは頭部を守るというより、視認性を高める意味合いであろう。
より危険性の高い都心ではヘルメットを着用せず、田舎では着用が義務づけられる。
これは一体なぜなのか。
あらかじめ断っておくが、ここからは全くの個人的見解である。
理由は「金」ではないか。
全員がヘルメットを購入すればそれなりの金額が動く。しかもそれは毎年確実に入ってくる。あまり物資の流通量が多くない田舎にとっては、決して小さくない額だろう。
そのために「田舎でこそ」ヘルメットを購入するという意味がでてくるのではないのだろうか。
真実はどうなのだろう。


サムライ&ドラゴンズ

今現在(2012年11月)、第2シーズンが行われているPSVITAのゲームである。
iPhoneの「キングダム・コンクエスト」というゲームを基にして作られており、VITAでは当時、他に類を見なかった基本プレイ無料のゲームだった。
領地を取り合うシミュレーション、ダンジョンにもぐるアクション、デッキを組み合わせるカードと盛りだくさんの内容である。
雑誌で見かけ、気になっていたわたしはこれを機にVITA本体を購入。期待を胸に配信日を待った。
03月29日、配信開始
オンラインゲームでは往々にして起こるアクセス集中。結局ゲームが開始できず、さらに開始日は延期されることに。
04月17日 ゲーム開始
ようやくゲームが開始された。知人と同盟を設立し、いろいろ情報交換しつつ、試行錯誤。とりあえず同盟人数を増やそうと思い、近隣の人にゲーム内メッセージを使って呼びかける。初日はランキング21位だった。
ランキング上位だったせいか、加盟希望者がどんどん集まり、さらに規模が拡大していく。
人が増えていくとトラブルが起こるもので、やたら威圧的なメールをしてくる同盟員が現れる。「あなたの意志にそぐわないようなので、この同盟を出て、自分で新しい同盟を立ち上げたらどうでしょう?」という旨の返信をする。すると、形だけの謝罪のメッセージがくる。メンドクセ-。(現にこの後何回か面倒なことになった)
数日後、他の同盟に攻め込まれる。
一応、1時間前くらいに宣戦布告のメッセージが届いていたようだが、ちょうどそのとき離れていたため、どうにもならなかった。
このゲームでは盟主が攻め落とされると、強制的に傘下同盟になってしまう。というわけで、我が同盟は傘下に。
外部チャットを用い、今後の方針を話し合う。とりあえず盟主を知人に譲ることにする。
後日、先日攻めてきた同盟の言い分が誤解であったことが分かり、何とか交渉の末に独立成功。
新盟主となった知人は同盟内イベントなども積極的に行い、さらに我が同盟は勢いを増す。
ただすでにワールド全体が、ある同盟一色の流れになりつつあった。
何とかそれに対抗するため、他の同盟と合併をすることに。
そこから数日後、この世界を支配しつつある同盟からの宣戦布告。奮闘するも、圧倒的な戦力差で落城。またもや傘下に。
3ヶ月1シーズンという予定だったが、結局終了したのは09月24日で、5ヶ月以上も続いた。長く辛い戦いだった。
感想から言うと決して面白くなくはない。
ただもう二度とやりたいとは思わない。


キモノ、キツケ、ナラウ

着物の着付けを習おう。
着こなせたら格好いいかな、というくらいの理由だった。
ちょうど近くのカルチャーセンターで男性きもの着装という講座が開かれることもあり、参加してみることにした。
まず着物を手に入れなければならない。
ネットでいろいろ調べてみると、一式がセットになったものがいろいろと出ていることが分かる。
とりあえず、さほど高くないものを注文。
着物、帯、襦袢などは当然のこと、足袋、雪駄、巾着などなど十分すぎるほどの量が送られてくる。
これで準備は万全。
講座は第4土曜の午前だ。
初日。
指定されたものをバッグに詰めて、講座が行われる和室に向かう。
10分ほど前に来たが、まだ誰も来ていない。
どのくらいの人が来るんだろ。
少し経ち、着物の女性が入ってきた。おばさんというか、おばあさんというか、髪を上にまとめ、颯爽とした出で立ちだ。
「○○さんですね」と名前を呼ばれたので、「はい」と答える。
あれ? なんで自分だとわかるんだ。
もちろん名簿はあるんだろうけど、顔写真がついているわけでもないだろうし。
「今回の講座は○○さんだけです」
と笑顔で先生はおっしゃった。
え?
まじで??
半年くらいあるんだけど。
「初回から何なんですが、今日はこれから用事があるので、早めに切り上げさせてもらいます。とりあえず使うものの確認をしましょう」
言われるままに持ってきたものを広げる。
先生は着物の着付けだけでなく、礼法も専門になさっているそうで、おじぎの仕方なども教えていただく。
本来は2時間の講座なのだが、ひとりしかいないということで、1時間半に縮小されることになった。
というわけで、マンツーマンでの着付け講座が行われることになったのだった。
ぜいたくといえば、ぜいたくなことなのだが、はっきりいってなかなかやりづらい。
常に見られているという緊張感がある。
先生は厳しいという感じでもないのだが、それでもちょっと威圧感がある。それがますます緊張を誘い、一度失敗すると連鎖するように小さいパニックが襲ってくる。
その効果もあってか、講座が終わる頃にはちゃんとひとりで着られるようになった。
そんな思いをしてわざわざ着られるようになった着物だが、3年くらい経った現在、まだ着たことはない。


あの日のげんこつ

学校において体罰は禁止されている。
これは、たたく、蹴るなどの直接的な暴力に関わらず、廊下に立たせておくなどという肉体的な負担がかかるものも含まれる。
近頃、体罰はかなりデリケートなものになっている。ちょっとでも手をあげようものなら、すぐに何かしらの問題に発展する。何かとクレームをつけてくるモンスターペアレントの増加もあり、この傾向はますます強まっている。
体罰はいけないことである。
それはもちろん疑いようがない。
ただ、子どもというのは人を見るもので、先生が怖くないとわかれば、すぐに調子に乗るということも否めない。
わたしが小学校1年生のとき、当時の自分から見たらおばあさんと言っても過言ではない女性が担任だった。
この先生は、いかにも先生といった感じで、かなり厳しく、しばしばげんこつがとんでくることも珍しいことではなかった。かくいうわたしも筆記用具でロボットごっこをしていて、げんこつをくらったことは今でも覚えている。
あるとき、隣のクラスの先生が産休か何かで休み、そのクラスを2つにわけ、それぞれを別のクラスで預かることになった。
そうして、うちのクラスに10何人かが来たのだが、そのとき軽い衝撃を受けた。
彼らの何人かが、机の上に覆い被さるような格好で授業を受けていたのである。
こんなことは我々からは考えられなかった。うちのクラスは常に姿勢を正しており、ほおづえをついて授業を受けようものなら、すぐに雷が落ちてきた。
なので、うちのクラスと隣のクラスの生徒は同じ教室にいても一目瞭然なほど、はっきりと違っていた。ちなみに隣のクラスの担任は若い女性の先生である。
暴力は相手に恨みを残すものである。
だが、当時げんこつを受けたその先生を恨んでいるかというと、そんなことはない。
よくよく思い返してみると、げんこつを受けたのは別にその先生だけではない。一応断っておくが、わたしが悪ガキで頻繁にそういうことがあったわけではない。たぶん6年間のうち、数回だからこそ記憶に残っているのだと思う。
悪いことをした結果、げんこつを受けるというのは、自分にとって当然のことだった。
これはよく考えてみると、家庭環境によるところが大きいのかもしれない。昨今は家庭における、そのようなプロセスがないため、体罰を受けると過剰な反応を示すのではないだろうか。
暴力に依らず、相手を諭すというのはもちろん最上の策である。
だが、親と言ってもただの人間であり、聖人ではない。果たして言葉だけですべてを教え諭せるものであろうか。