今日も明日もヘルメット

あるあるネタでもよく話題になることだが、多くの田舎の中学校では、自転車に乗る際にヘルメットの着用が義務づけられている。
これは登下校に限ったことではなく、私用で乗る際にも適用される。もしノーヘルが発見された場合、同じ学校の生徒、または近隣の大人たちにより、すみやかに学校に密告され、後日それ相応の処罰を受ける。(しばらく自転車通学禁止など)
だが、このシステムいろいろと思うところがある。
そもそもヘルメットの意義を考えた場合、安全の確保が第一である。
人間にとって、頭部は非常に大事な部位だ。よって、危険な場所、例えば工事現場や戦場などで頭部を守るためにヘルメットを着用する。
自転車に乗る際の危険性を考えれば、車の交通量が多い方が、より危険性が高い。
そう考えると、明らかに都会の方が危険である。
田舎だと、道によっては車が1日に数台しか通らないようなところだってめずらしくはない。学校に行き来する際にほとんど車とすれ違わないことさえもあるだろう。
安全性を考慮した場合、より危険性が高い都会でこそヘルメットの着用を義務づけるべきなのだが、そのような中学校が都心部にあるというのは寡聞にして知らない。
だからこそ田舎を揶揄する言葉として、登下校の際のヘルメット着用がネタにされるのだろう。
さらに謎なのは、徒歩なのにヘルメットを着用して通う小学生である。
百歩ゆずって、自転車だと自分で転倒して頭部をうつ危険性もあるからヘルメットをかぶる、という考えもあるかもしれない。
しかし、歩いていて、転倒して、頭部をうって大きな怪我をする可能性はかなり低いといえよう。
もし、この可能性が高いとするならば全国的に小学生の登下校にヘルメットの着用を義務づけるべきである。
新1年生が黄色い帽子をかぶっているが、あれは頭部を守るというより、視認性を高める意味合いであろう。
より危険性の高い都心ではヘルメットを着用せず、田舎では着用が義務づけられる。
これは一体なぜなのか。
あらかじめ断っておくが、ここからは全くの個人的見解である。
理由は「金」ではないか。
全員がヘルメットを購入すればそれなりの金額が動く。しかもそれは毎年確実に入ってくる。あまり物資の流通量が多くない田舎にとっては、決して小さくない額だろう。
そのために「田舎でこそ」ヘルメットを購入するという意味がでてくるのではないのだろうか。
真実はどうなのだろう。