サムライ&ドラゴンズ

今現在(2012年11月)、第2シーズンが行われているPSVITAのゲームである。
iPhoneの「キングダム・コンクエスト」というゲームを基にして作られており、VITAでは当時、他に類を見なかった基本プレイ無料のゲームだった。
領地を取り合うシミュレーション、ダンジョンにもぐるアクション、デッキを組み合わせるカードと盛りだくさんの内容である。
雑誌で見かけ、気になっていたわたしはこれを機にVITA本体を購入。期待を胸に配信日を待った。
03月29日、配信開始
オンラインゲームでは往々にして起こるアクセス集中。結局ゲームが開始できず、さらに開始日は延期されることに。
04月17日 ゲーム開始
ようやくゲームが開始された。知人と同盟を設立し、いろいろ情報交換しつつ、試行錯誤。とりあえず同盟人数を増やそうと思い、近隣の人にゲーム内メッセージを使って呼びかける。初日はランキング21位だった。
ランキング上位だったせいか、加盟希望者がどんどん集まり、さらに規模が拡大していく。
人が増えていくとトラブルが起こるもので、やたら威圧的なメールをしてくる同盟員が現れる。「あなたの意志にそぐわないようなので、この同盟を出て、自分で新しい同盟を立ち上げたらどうでしょう?」という旨の返信をする。すると、形だけの謝罪のメッセージがくる。メンドクセ-。(現にこの後何回か面倒なことになった)
数日後、他の同盟に攻め込まれる。
一応、1時間前くらいに宣戦布告のメッセージが届いていたようだが、ちょうどそのとき離れていたため、どうにもならなかった。
このゲームでは盟主が攻め落とされると、強制的に傘下同盟になってしまう。というわけで、我が同盟は傘下に。
外部チャットを用い、今後の方針を話し合う。とりあえず盟主を知人に譲ることにする。
後日、先日攻めてきた同盟の言い分が誤解であったことが分かり、何とか交渉の末に独立成功。
新盟主となった知人は同盟内イベントなども積極的に行い、さらに我が同盟は勢いを増す。
ただすでにワールド全体が、ある同盟一色の流れになりつつあった。
何とかそれに対抗するため、他の同盟と合併をすることに。
そこから数日後、この世界を支配しつつある同盟からの宣戦布告。奮闘するも、圧倒的な戦力差で落城。またもや傘下に。
3ヶ月1シーズンという予定だったが、結局終了したのは09月24日で、5ヶ月以上も続いた。長く辛い戦いだった。
感想から言うと決して面白くなくはない。
ただもう二度とやりたいとは思わない。